さまざまな歯科

笑顔の女子

むし歯治療か美しくするための治療か

歯科医院といえば、むし歯治療をするところといったイメージがあるでしょう。しかし、歯科とひと言にいっても、一般的にむし歯や歯ぐきの治療を行う歯医者のほか、矯正歯科や審美歯科などがあります。最近は、「きれいな歯並びに治したい。」とか「歯を美しくしたい。」といった人が増えてきているので、治療をする人も多くなっています。子どもの頃は、何らかの理由により治療できなかった人も、大人になってから治療を始める人も多くなり、特に女性に多く見られます。誰かと会話をするときには、常に相手を意識するものです。特に、歯並びが悪いとそれが気になり、会話に集中できない場合もあるでしょう。矯正治療や審美治療をすることで改善されるのです。

矯正治療と審美治療について

「歯を美しく保ちたい。」と思ったら、矯正歯科と審美歯科のどちらに行けばよいのでしょうか。矯正治療も審美治療も、歯を美しくすることにはかわりません。大きな違いと言えば、矯正治療が、歯並びをよくする治療に対して、審美治療は、歯を美しくするための治療といえるでしょう。矯正治療は、主に歯並びが悪くそれを元に戻す治療を行います。一般的には、矯正器具を使って治療します。少しずつ歯を動かしていくので、治療期間も長くなります。審美治療は、歯を美しくするために、歯を削ってセラミックをかぶせて治療します。短期間で治療できますが、広範囲にわたった治療は難しい場合があります。どちらにしても、保険適用外なのでよく考えて治療を始めましょう。